ご予約・お問い合わせ
0798-66-4480

症例:急激な股関節痛

プロフィール

61歳 女性
競技として社交ダンスをしている

主訴

2〜3ヶ月前から急激に左股関節の痛みが強くなった

患者様のご希望

なんとか1ヶ月半後の試合に出場したい

初見

歩行での痛み(トレンデレンブルグ歩行)
可動域制限
強い変形性股関節症を疑われるため医療機関を紹介

医療機関での診察

「変形性股関節症」と診断。
人工関節置換術を勧められる。
レントゲン画像ですが左股関節部分がかなり変形してしまい隙間がほとんどない状態です。

施術内容

1ヶ月半後の試合までは施術とトレーニングと病院で処方された鎮痛剤の服用で乗り切るよう説明し、試合後に人工関節置換術を勧める。
施術とリハビリを進めなんとか試合は無事終了。
その後人工関節置換術を受ける
【手術後1ヶ月】
リハビリトレーニングを目的とし再来院。
状態としては臀部の筋萎縮、階段昇降時の不安定感、下肢長(脚の左右の長さ)の違和感を訴えるも痛みは無し。臀部周囲筋の筋力強化に重点を置きトレーニング実施。
【手術後2ヶ月】
屈曲時のつまり感や下肢長の違和感残るも順調にリハビリできている。
手術痕部の癒着に対して超音波実施。
社交ダンス、ゴルフの練習を少しずつ復帰。
【手術後3ヶ月】
社交ダンス練習量、強度増すも問題なくできている。
屈曲時のつまりは取れ、下肢長の違和感だけ残る。
【手術後4ヶ月】
社交ダンスの試合に復帰でき最終目標達成

最後に

早期に医療機関を受診していただき、骨の状態を確認した。
患者様には手術が目標とするゴールには早期の結果を生むことを理解していただき決断していただいた事が今回は結果に導けたと考えます。
すべてが手術の適応になることはありませんがそのときに最善の案を提案させて頂きます。

G-arts(にしおか整骨院)
〒663-8111 兵庫県西宮市二見町2-18
担当: 西岡 宗徳(セラピスト)