ご予約・お問い合わせ
0798-66-4480

症例:腰椎椎間板ヘルニアと診断された一例

プロフィール

57歳女性
趣味でテニス

主訴

右臀部の痛みと右下肢全体のしびれと足首周囲の筋力低下を訴えで来院

病院での診断

椎間板ヘルニアの疑いで医療機関を紹介し精査して頂きました。
MRI検査の結果、腰椎と仙骨間での椎間板ヘルニアを認め手術を勧められましたが患者様は手術を希望されずにG-arts(にしおか整骨院)での施術とリハビリを希望されました。

施術内容

初診から一週間、椎間板ヘルニアに向けて炎症管理を中心にアプローチしましたが大きな変化はありませんでした。

症状は確かに椎間板ヘルニアとよく似ていましたがベッドサイドで行う椎間板ヘルニアの徒手テストなどでは痛みも痺れもでないため椎間板ヘルニアと別の部分に問題があると判断し治療方針を変更しました。

2日で痛みは低下し4日で筋力低下も改善

痺れる範囲は狭くなりましたが足裏の痺れは残りました。

3週間で職場復帰を果たされ

6週後には趣味のテニスにも復帰して頂き大変喜んでいただけました。

最後に

MRI検査で椎間板ヘルニアと診断されても必ずしもその部分の発する症状とは限りません。今回は治療方針の転換で症状が改善した一例をご紹介しました。

G-arts(にしおか整骨院)
〒663-8111 兵庫県西宮市二見町2-18
担当: 西岡 宗徳(セラピスト)